老人脳ゼロ 内容

認知症・ボケ・物忘れを自宅で改善する『老人脳ゼロ』

認知症・ボケ・物忘れを自宅で改善する『老人脳ゼロ』


まったく頭に入らない会話、
愛想笑いで顔が引きつる

  「友達や会社の人にだけはバレたくない」と思っていませんか?

  とにかく家族の認知症にだけは注目がいかないように、病気の話になると必死に相手の話を遮って、違う話題にすり替えて会話をつづける。

  しかし、どれだけ神経を集中させても、人数が1人増えるごとに貴方がコントロール出来る限界を超えていき、「認知症」の話題になった時には相手の目線ばかり気にして会話の内容が頭に入らず、愛想笑いをして、引きつった顔をしながらうなずいるはずです。

  貴方はバレていないと思っても、実はバレているのです。

  悲しい現実です。

  わたしは祖父が認知症で亡くなって、10年後に小学校からの幼馴染みの高橋に同窓会で言われました。「聡、お前、じいちゃん認知症で死んだんだったよな。どんな感じだった?俺のばあちゃんがヤバいんだよ。」

  「どうして、知ってるんだ…?」

  わたしは不思議でしたが、実はクラスの皆が知っていたそうです。どこから話が漏れたかは分かりませんが、わたしの知らない所で噂になっていて、隠そう隠そうとしていた事がバレていたのです。わたしは堂々と「おじいちゃんが変だ。」何て気にしていないという素振りで通せていたと思っていたのです。本当に恥ずかしい思いをしました。

  貴方も「家族はボケていいない?」と聞かれた経験があるでしょう。

  「いや、別に大丈夫よ。」とバレないと思って平然と嘘をついて、嘘つき野郎だと思われているかもしれません。

  気を使って貴方の前では何も言わないのかもしれませんが、影で笑っていたり、バカにして裏では煙たがられている可能性もあります。



家族旅行も出来ず
一人寂しく老人ホーム通い…

  家族の認知症のせいで貴方は普通の生活が出来ないはずです。

  老人ホームに入所させた場合は「家から離れて寂しいだろうから、わたしだけでも言ってあげないと。」と思い込んでしまい、自由な時間を全て老人ホーム通いに奪われてしまいます。

  家で介護をしている場合は、お客さんが突然、家に訪問しても認知症の親や家族が奇声をあげたり、全裸でお客さんの前を通過したりする姿を想像した時に、相手に嫌がられる恐怖心が出て来ます。

  結局、そのうち誰も訪問しなくなります。。

  「誰もわたしの辛さを理解してくれない。」
  「どうせわたしは幸せになれない運命なんだ。」
  「もう死にたい・・・」

   ・・・

  常に家族の介護が脳をよぎってしまい、家族で楽しく過ごすために海外旅行を計画する気力が消えて行き、友達の誘いも断ってしまい、休みの日も認知症家族に食事を与えて、傍に座ってテレビを見て時間を過ごすだけの人生になってしまいます。

老人脳ゼロ

老人脳ゼロ

老人脳ゼロ

老人脳ゼロ

認知症・ボケ・物忘れを1日5分で回復させ、脳を17歳若返らせる秘密とは?


  実際に、夫の認知症かによる介護疲れが原因で奥さんが1年後に夫よりもヒドイ認知症になったなった70代の女性たちが日本には数多くいます。

  そんな惨めな一人寂しい生活をしていると、だんだんと頭もおかしくなって行きます。



街中の人間が指を差して
「不幸人間」・「ボケ家族」と
蔑み笑っている

  感覚に襲われるかもしれません。

  これは完全に被害妄想ですが、自分の事を運の悪いダメ人間だと追い詰めると脳が勝手に妄想を始めます。ある意味「うつ症状」です。

  うつ病は脳の病気です。

  人生に生きがいを感じず、心から楽しむことができず一人で苦しい時間を過ごしていると、誰だって脳への影響が大きくなります。最後にうつ病になる人だっているのです。

  そうなると、貴方をまったく知らない街中の人たちが貴方の事を「不幸人間」・「ボケ家族」と罵って笑っている錯覚になるかもしれません。

  女性の場合は、ファッションという言葉を忘れて、ダルダルのTシャツと毛玉だらけのスウェットパンツをはいて、髪がボサボサで伸び放題。白髪交じりで、顔には何本もの深いシワが出て来て、目の下のクマは真黒でザラザラの肌。まるで夜逃げして借金取りに追われているかのような生活に変わります。

  貴方が結婚をしている男性なら、「義父の介護をどうしてわたしがやらないといけないの?」と、奥さんが文句を言い出して離婚を求められるかもしれません。その危険性はとても高いです。義父母の介護を出来る程忍耐力のある奥さんは減っています。実際、今は3組に1組が離婚していると言われています。

  そんな状態になったら、



うつ病・リストラ・自己破産
そして、生活保護の申請へ

  貴方が介護疲れで使えない人間だと分かった時、会社は貴方を窓際に追いやるでしょう。

  それでも生活費を稼ぐために貴方がそんなパワーハラスメントに我慢しても、最後は周りの偏見・差別に耐えられなくなり、貴方は逃げるように会社を早期退職してしまいます。

認知症・ボケ・物忘れを自宅で改善する『老人脳ゼロ』

認知症・ボケ・物忘れを自宅で改善する『老人脳ゼロ』

認知症・ボケ・物忘れを自宅で改善する『老人脳ゼロ』

認知症・ボケ・物忘れを自宅で改善する『老人脳ゼロ』

認知症・ボケ・物忘れを自宅で改善する『老人脳ゼロ』


  周りから「ようやく辞めてくれた。」と思われるだけです。

  生活費が稼げなくなり老後のために貯金していたお金が銀行口座からどんどん減って行きます。親が直ぐに死んだならいいですが、年を取って貴方が日本で死亡率第一位のガンにかかれば、手術代・薬代・定期検査代等数百万円が必要になる可能性だってあります。

  そうなったら、貴方はサラ金から借金をし無くてはいけません。

  「ドンドンドン!」

  「おい、早く金返せ!返せ!借りたら返すのが当り前だろう!」

  と借金取りに追われるかもしれません。

  だって、病気になった貴方は働く事も十分にできず、月の稼ぎは数万円。年金と合わせても10万円ちょっとにしかならないからです。貴方が借金を返せなかったら、

  最後は借金が借金を作って家を売り払っても足らず、自己破産。

  貴方は役所に行き、白い目で見られながら「生活保護」の申請書を書く事になるでしょう。障害者だったら直ぐに許可されます。

  そして、ボロボロのアパートに引っ越して、一日中何もしないでボーっと死を待つだけの生活が待っています。本当にこうなってしまっている人が全国にはいるのです。

  そして、貴方もそうなる可能性があります。ないとは言えません。

  でも、親や家族の認知症・ボケは解決できます。

  貴方を邪魔し続けている認知症・ボケから解放され、ぐっすりと睡眠を取って、爽快な気分で翌朝、目覚めて、会社に行くなら行って、家事をするなら家事をして、友人たちと思う存分会話をして、夫婦なら最高の関係を再構築し、奥さんなら海外旅行等最高の老後を過ごすくことが出来るようになります。

  そうです、「貴方」が解決する方法があるのです。


>>更に詳しい内容はこちらから

























Home |  Category:老人脳ゼロ |  Comment  |  Trackback
Home   Top
 
最近のエントリー
カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
プロフィール

老人脳ゼロ

ニックネーム:老人脳ゼロ
自己紹介:DTIブログにようこそ!

検索フォーム

RSSリンク
PoweredBy

Powered By DTIブログ

人気記事ランキング

第1位
最も人気のある記事
認知症・ボケ・物忘れを自宅で改善する『老人脳ゼロ』...(→続き)